DSC00080

(平塚市議候補 江口友子さん)

昨日は、統一地方選挙後半戦の告示日でした。私がとても注目している女性市議会議員候補から応援要請がありました。

神奈川県平塚市議候補の江口友子さんです。27歳で市議になり4期目に挑戦中です。声をかけていただいて光栄ですとお答えしました。

議会活動を始め日々の行動を丹念にホームページで公開されてます。市民目線でありながら鋭く市政の諸問題を調査し質問されてます。

市長の政治姿勢にも厳しい視線を向けています。全く臆することなくおかしなことはおかしいと言い切る胆力があります。

小柄でチャーミングでかれんな感じに見受けられる印象とけれんみの無い発言と行動とのアンバランスが魅力的です。

彼女の街頭演説を是非一度聞いてみて下さい。説得力のある言い回しに驚かれます。金切り声を上げているのではありません。語りかけます。

私は彼女の街頭演説を動画サイトで観てすっかりファンになりました。魂を込めて発する言葉の力を画像から感じました。

彼女が訴えていたのは昨年の秋平塚市営のプールで発生した死亡事故のことでした。当初当局は事故を隠していたことを問題視していました。

市政の運営する際に最も基本となるのがトップの責任感です。責任逃れが全てを狂わせます。トップが逃げれば役人はもっと逃げます。

責任逃れの連鎖は行政を伏魔殿にしてしまいます。江口さんはここを鋭く抉り堂々と責任感を持った対応をと要求していました。

江口さんの今回の選挙でのスローガンは、がんにならない社会を作ることです。ご自身ががんと向き合い療養中です。

抗がん剤を止め食事から始めて様々な体質改善の取り組みをされています。そんな体験からがんにならない社会をと訴えています。

彼女が提案している取り組みの1つにホースセラピーがあります。馬と一緒に居ることで心が癒され身体まで調子が良くなると推しょうしてます。

DSC00083

何と選挙戦に馬が登場しました。江口さんは今回選挙事務所も宣伝カーも持ちません。馬と一緒に歩いて街頭でミニ演説会をするということでした。

昨日は平塚駅近くの公園で馬と一緒の演説会をしました。私も一緒に参加させていただきました。これぞ「出馬」だと思いました。

江口さんは、平塚市が進めようとしている巨大開発の見直しを求めています。もっと自然を大切にした形の開発を模索できないかと訴えています。

私は賛同します。開成町が今人口が増えているのは最初に水田を守りあじさいの里を作ったことから全てが始まっているからです。

新幹線の新駅を誘致して開発を進めること自体は私は間違っていないと思います。ただし大型ショッピングセンターや工場誘致に偏るのは危険です。

日本全国どこにでもあるような開発をするのではなく平塚らしさがふんだんに盛り込まれた開発構想を練って欲しいと思います。

無所属で草の根で立ち上がって来た江口友子さんに大いに期待してます。しなやかさと芯の強さを兼ね備えていられます。