(開成町のキャラクターあじさいちゃんと一緒にキャンペーン)

5月27日のわらび座ミュージカル、二宮金次郎、足柄地域公演のチケットがものすごい勢いでさばけてます。大相撲でいえば満員御礼の垂れ幕が見えました。

チケット販売の責任者からは乗客を無理やり降ろして大ブーイングを浴びたアメリカの航空会社のようになったら大変だとうれしい悲鳴のメールが流れました。

昨日の実行委員会では、午前の部が若干余裕がある程度だとの報告がありました。午前、午後で800人以上の集客が確実に見込めてます。

価格は、2500円に抑えたとはいえ、神奈川県西部のミュージカルにほとんど縁のない地域です。満員御礼は快挙です。実行委員長を始め現役世代の皆さんの努力の賜物です。

8月に企画が持ち上がり10月に実行委員会が組織されて9か月。ゼロからのスタートでした。二宮金次郎の教えのようにコツコツと積み上げました。

「積小為大(せきしょういだい)」でした。特に女性の皆さんの一人一人の小さな積み重ねが大きな結果を生みました。女性の力は偉大です。

最大の原動力は現役世代の皆さんの前向きの明るさだと思います。活動を広げるには暗くてはダメです。明るくないと広がって行きません。一番大切な要素です。

なかでもチケット販売の責任者の明るさは飛び抜けてます。昨日の実行委員会では小さな袋に入った満員御礼のお菓子を配って笑いを取ってました。

超満員が見えてきたところで気分を引き締めて当日の運営を事故のないよう万全を尽くす必要があると実行委員会で申し合わせました。

会場の整理も大変です。駐車場も混乱のないようにしないとなりません。人手が足りません。ボランティアスタッフを募ることとしました。

日本を代表する演劇集団のわらび座のミュージカルをお手伝いしたい方がいらっしゃったら大歓迎です。実行委員長の山神裕までご連絡下さい。090-1402-0005

多くの企業や団体、個人から協賛金をいただきました。こうしたご支援に対しても御礼をきちんとしなければならないので対応も話し合いました。

チケット販売の窓口になっていただいた各機関にも御礼が不可欠です。こうのように公演終了後のことまで考えることが出来るのはチケットが売れたからです。

これだけ実行委員会が頑張って超満員にするのですから、わらび座も公演に力が入らざるを得ません。二宮金次郎の熱演を期待して止みません。

二宮金次郎が大人になって何をしたのかを歌と踊りを交えて伝えて欲しいです。ミュージカルですから躍動感あふれた舞台を楽しみにしています。

足柄地域の後援の大成功で二宮金次郎のミュージカルの全国公演の開催場所がどんどん広がることを期待します。二宮金次郎は時代が求めていると思います。

歯を食いしばって頑張るイメージだけではなく様々な人材を結集させて疲弊した農村を再生したヒーローだという本当の人物像を広げるきっかけにしたいです。