9月20日に開幕し日本中を沸かしているラグビーワールドカップの決勝戦。本日キックオフです。

準決勝でラグビー王国ニュージーランドを圧倒したラグビー発祥の地イングランドが登場します。

率いるのは、名将エディー・ジョーンズ。2015年イングランド大会で日本に3勝をもたらしたかの人物です。

イングランドは、開催地であるにもかかわらず一次リーグで敗退するという屈辱をなめました。

伝統と格式を誇るはずのイングランドラグビー協会が時期監督に指名したのがエディー・ジョーンズです。

緻密なトレーニング計画の実行、戦術の徹底を日本選手に求めて前回大会で南アフリカを破る大金星を挙げました。

体格もラグビースキルも日本人選手を凌駕するイングランドの選手に日本流のトレーニングを応用するのですから強くなります。

今大会の快進撃は、予想されたことです。準決勝の内容は、ニュージーランドを全く寄せ付けませんでした。

エディ・ジョーンズ監督の指導力がとてつもないものであることを世界中に見せつけた一戦でした。

一方、準々決勝で日本をねじ伏せた南アフリカ。選手たちの体力面の強じんさは、化け物級です。

ぶちかました時には、テレビ画面のこちら側にも肉体のぶつかり合う鈍い音が響いてきそうです。

戦術はシンプルそのもの肉体で蹴散らして相手が反則を冒せばペナルティーゴールで得点を重ねる。

防御にスキが出れば快速のウィングが得点する。単純明快さの力強さがはっきり表れていると思いました。

戦術を入念に練り試合でそのシナリオの展開を選手たちに求めるイングランドとは対照的に思います。

イングランド有利と見られていますが、有無を言わせぬ体力勝負が戦術を打ち砕く可能性はあります。

とても楽しみです。今からわくわくしています。午後6時よりとなってます。テレビにくぎ付けです。

今回のラグビーワールドカップは日本代表のベスト8進出という快挙によって熱気を帯びました。

日本代表チームは、多文化共生チームです。それでも日本人たちが熱烈に応援したことがうれしくなりました。

キャプテン、リーチは、ニュージーランド人です。リーチがボールを持つと「リーチ!」の大歓声です。

スクラムの要、3番の選手は韓国出身です。日本と厳しい関係にあります。それでも応援が絶えることはありません。

ラグビー日本代表を通じて日本の次なるあるべき社会の理想を見せてくれたように思います。

視点をさらに広げると南アフリカ代表で史上初めてのできごとがありました。黒人選手がキャプテンです。

長らく人種差別政策をとってきた南アフリカで黒人のキャプテンは時代の大変革だと思います。

シア・コリシ選手。リーチと同じポジションの6番です。プレーに加え人間力が図抜けているからこその指名でしょう。

黒人初のキャプテンは、差別のない社会をめざそうというメッセージ―が込められていると思えてなりません。

私は観るものをのめり込ませるような激闘の結果、南アフリカに勝ってもらいたいと思ってます。