昨年の神奈川県西部地域政治で私の一押しのニュースは土屋由希子町議の誕生です。

3月の湯河原町議選でトップ当選を果たしたことが理由ではありません。

当選後の大暴れが特筆ものだからです。土屋さんは、議員になることが目的ではないのです。

なってから何をするか、本来の政治家が持つべき資質を存分に有していてほれぼれします。

地位に就いたとたんに公約を翻したり実行をためらう政治家が多いのに腹が立ちます。

そんな中で土屋さんは異次元の活躍をしています。30年にひとりの政治家だと私は見てます。

まだ38歳で若いです。将来どのくらい伸びるのかと思うとわくわくしてきます。

この方ならば私が果たせなかった夢を実現してくれるのではないかと思えます。

神奈川県は完全に政治経済社会のバランスを東西間で逸している特殊な県です。

横浜を始め東部の大都市に全ての中心があります。県西部地域は、その他地域に過ぎません。

このバランスを取り戻すためには政治力が不可欠です。私はその役目を果たそうとしました。

県知事になってバランスを修正しようと挑戦しましたがうまく行きませんでした。

目指した方向性は間違いありません。思いを受け継ぐ若い政治家の登場を待ってます。

県西地域の再生を目指す若い政治家が輩出すれば流れは変わります。

神奈川県の西端の湯河原町から土屋さんが先頭に立ちのろしを上げて欲しいです。

土屋さんは地域政党ゆがわらという政治団体を持ち、代表として活動してます。

地域政党ゆがわらが今月23日に開催する催しの案内が届きました。

新型コロナで大人数の集会は無理です。小さな集会で活動報告をしてネット発信します。

会場は湯河原駅前の湯河原町商工会館で午後2時より4時までとなってます。

私は聞き手として登場することになりました。元記者の特技を活かします。

話しを聞く相手はまず土屋町議です。町議就任後からの活動を振り返ってもらいます。

町議会への町税滞納者リストの提供問題の追及と懲罰を受けた経緯です。

なんでこのような事態が発生したのかその背景を語ってもらいます。

湯河原町民で町税滞納者リストの公開を問題視したオンブズマンの代表の方も登場します。

元藤沢市役所職員の女性の方です。行政実務に精通されてますので深い話が聞けます。

もうおひとり女性弁護士の方が登場します。個人情報保護の観点から専門的意見が聞けます。

この女性弁護士とは知り合いです。やり手です。鋭い論点を提供してくれるはずです。

最後に土屋さんに町議2年目の抱負を存分に語ってもらいたいと思います。

土屋さんの話ですと語り尽くせないほどの多様な問題を湯河原町政は抱えているとのことです。

町税滞納者リストの公開問題はいわば氷山の一角のような話をされてます。

当日は重大発表もあるとのことです。私はどのような発表か全く聞いていません。

土屋町議の爆進は、2021年も続くことは間違いないようです。期待して止みません。